カレーライスの可能性

私はカレーライスが好きだ。友人や初対面の人から「好きな食べ物は何か」と聞かれたら必ず「カレーライス」と答える。理由の一つはもちろん単純に、「おいしいから」であるのだが、それだけではない。カレーには無限の可能性を感じるからだ。まずは、入れる具材の豊富さ。CoCo壱番屋というカレーチェーン店をご存知の方は、そのメニューを今一度思い浮かべてみてほしい。具材だけで、いったい何種類用意されているだろうか。また、CoCo壱番屋に限って言えば、その具材を自由にトッピングできるわけであるから、作り出されるカレーの種類はもはや数えきれない。さらに、重要なのが水分の量。カレーは言うまでもなく、カレールーを水で溶かして作る料理だが、その水量によりできあがりが全く異なってくる。いわゆる「ドロドロ派」と「サラサラ派」の論争が巻き起こるのも、これが理由だ。また、スパイスの量によっても辛さに段階が生まれ、辛口が好きな人、甘口が好きな人、というのが存在する。私はそんなあらゆる角度から楽しませてくれるこのカレーライスという料理を、大変好んでいる。子供の虫歯予防歯磨き